日生や明治安田などの米サブプライム投資はゼロ、三井生命は評価損16億円

ここでは、「日生や明治安田などの米サブプライム投資はゼロ、三井生命は評価損16億円」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本格的電動吸引耳掃除機☆ミミチュア 耳かき【オープン】【連続SA1106】【週末1122】【大量】【...
 [東京 26日 ロイター] 日本生命や明治安田生命などは26日、2007年9月中間決算の会見で、米サブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅融資)関連商品への直接投資の残高がないことを明らかにした。一方、三井生命は投資残高が30億円あり、9月末で評価損を16億円計上したことを明らかにした。
 日生の幹部は決算会見で、ファンド運用の一部で組み入れがあったものの「むしろ含み益が発生している」と述べたほか、9月末時点で「売却損も評価損も発生していない」と語った。
 明治安田生命もサブプライム関連商品への直接投資の残高はゼロであることを明らかにした。会見した堀俊之運用企画部長によると、保有するヘッジファンドのファンド・オブ・ファンズの「サブファンドのごく一部に(サブプライム関連の)残高があったが、(9月末時点で)評価損や売却損はない」という。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
また、評価損などの計上は「下期にも予想していない」と述べた。
 16億円の評価損失を計上した三井生命は、通期決算の損失見通しについて「マックス30億円の損失で限定的だ」(幹部)と述べた。
 住友生命の橋本雅博常務は、サブプライム関連商品への直接投資は「行っていない」と述べたほか、投資先のファンド・オブ・ファンズについても「運用会社にヒアリングをしたところ、投資していないことを確認した」という。
 保険会社のサブプライム問題の決算への影響をめぐっては、損害保険各社も11月20日の決算発表で明らかにしていた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆保険関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆保険関連の無料のレポート情報
離婚の2007年問題【プロが教える!年金分割】

離婚における2007年問題とは?
【年金のプロが教える!早合点で泣かない方法】



このレポートは、社労士坂本事務所 坂本一雄の監修により、
Office RE-RICCA(坂本事務所グループ:研修担当事務所)が制作したもので…

コストゼロでできる社会保険労務士が教えるサービス残業解消対策

「ちゃんと必要な残業代を支払っているつもり」でも
「こういう場合は残業手当を支払う必要はないから自信を持って残業手当は支払っていない」
としても、労働基準法を知らないがために、内部告発を受けたとして労働基準監督署の調査を受けた場合、










Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/3849-39f0b8f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。