「ハゲタカ撲滅!」 終っていない「金融取り立て屋」の実態。

ここでは、「「ハゲタカ撲滅!」 終っていない「金融取り立て屋」の実態。」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
緊急地震速報対応!日立 FLORA310 DP3(QK/GK/RK)(128MB.17TFT)※17TFTモニターセット【中古パソ...
【PJ 2007年11月14日】- 小泉内閣当時、竹中担当相をトップとして、銀行の不良債権処理のために、政府は公的資金を導入し、銀行債務者の処理を既に終わったかのように思われている。だが、水面下では、新たに、整理回収機構、および、金融サービサー(金融取り立て業)により、強烈な債権回収を行われており、その回収範囲を拡大解釈して、年金、保険、税金まで、人権無視に近いかたちで債権回収の法律を、今国会で、与党サイドから改正しようとしている。

 まさに、ハゲタカ的行為を働き、不良債権処理は継続されている。この理不尽な金融犯罪で苦しむ人たちがいかに多い事か、弱者イジメで、格差社会を増長させようとしている、この「金融サービサー法」悪改正は、断固として阻止しなければならない状況を作り出さねばなるまい。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円


 本来の、消費者、債務者を守るための法である「金融サービサー法」の改正を訴える集会があった。11月10日、全国教育文化会館の「エデュカス東京」で、第一部、被害者による実態報告。第二部、シンポジウムならびに討論として、パネリストが参加した。北健一さん。サラ金被害に強い、フリージャーナリスト、著書に「その印鑑、押してはいけない」がある。前田雄吉さん。民主党衆議院議員、決算行政監視委員会理事、金融被害者の立場からの国会質問等あり。山田厚史さんは朝日新聞編集委員で、著書に「銀行はどうなる」はじめ、国際経済、金融問題に、取り組んでいる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆保険関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆保険関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/3861-e36a4f2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。