[ZDNet Japan] Leopard解体新書--第7回:Core AnimationでCover Flowを体験

ここでは、「[ZDNet Japan] Leopard解体新書--第7回:Core AnimationでCover Flowを体験」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-8年ディーゼル新作!即納可能【送料無料・消費税込み】★新作特別価格!●DIESEL【ディー...
 Leopardは派手だ。Time Machineはもちろん、Cover FlowやSpacesなど、見た目のインパクトが非常に大きいものが揃っている。もっとも、その派手さはハッタリではなく機能的な必然さから来るもので、あっという間に慣れて、むしろ当然のものになってしまうのには、驚いてしまう。 今回は、これらのような、「動くインタフェース」の背後にあるフレームワークを紹介しよう。Core Animationだ。「Core」なフレームワーク Mac OS Xには、「Core」と名のつく一連のフレームワークがある。画像処理を受け持つCore Image、オーディオ処理のCore Audio、ビデオ処理のCore Videoだ。 画像、オーディオ、ビデオと、メディア関係の処理を担当している。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
これらはMac OS Xのシステムの階層の中では、低い方の、ハードウェアに近いレイヤーに位置する。GPUなどを直接利用することで、高いパフォーマンスを実現している。 そして、Leopardで新しく追加されたのが、アニメーションを行なうCore Animationだ。Core ImageやCore Videoを協調して、高機能なアニメーションを簡単なプログラミングで行なうことができるようになっている。ユーザインタフェースのアニメーション さて、皆さんは「アニメーション」というと、何を思い浮かべるだろう?テレビで流れているアニメーション番組だろうか。それとも、Flashで作成したようなアニメーションコンテンツだろうか。 Core Animationが行なうアニメーションは、ユーザインタフェースのアニメーションになる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆time関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆time関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/3871-0778632e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。