Adobe、オープンソースプロジェクト「BlazeDS」を公開

ここでは、「Adobe、オープンソースプロジェクト「BlazeDS」を公開」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【2007NEW】【VIPシークレットセール】 キャロウェイ Hyper ERC ドライバー、SPEED AXISシャフト
 米アドビ システムズは12月13日、新たなオープンソースプロジェクト「BlazeDS」のパブリック・ベータ版をAdobe Labs上で公開した。LGP v3ライセンス下で公開している。

 「BlazeDS」は、クライアント側のFlex/Ajaxアプリケーションからサーバ側のJavaオブジェクトのメソッドを呼び出すことができるリモーティング機能と、サーバ側からクライアント側のFlex/Ajaxアプリケーションに、CometのようにメッセージをプッシュできるWebメッセージング機能の2つを提供するソフトウェア。BlazeDSのサンプルはwar形式で提供され、Tomcat 6上で動作可能だ。

 「BlazeDS」プロジェクトの2つの機能は、もともとアドビの製品「LCDS ES」(LiveCycle Data Services Enterprise Suite)の機能をオープンソース化したもので、従来の「LCDS ES」は引き続き販売される。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
ただし、「BlazeDS」では、Webメッセージング機能で1CPU当たり約100~200程度の接続を処理できるのに対して、「LCDS ES」では数千の接続を処理できるほか、クラスタリング機能も持ち、RTMP(Real Time Messaging Protocol)をサポートするなどの優位点があるという。

 リモーティング機能は、RPC(Remote Procedure Call)モデルでJavaメソッドを呼び出す。データ送信時のフォーマットを変換するロジックの記述が不要であるほか、Flash Remotingでサーバと通信するときのバイナリデータフォーマットである「AMF」(Action Message Format)を使った場合にパフォーマンス向上の利点がある...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆time関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆time関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4061-ae513056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。