【門倉貴史の眼光紙背】第11回:新手の手口が広がる「自動車窃盗」の現場

ここでは、「【門倉貴史の眼光紙背】第11回:新手の手口が広がる「自動車窃盗」の現場」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FIAT PANDA SELECTA人気の紺メタATモデルスポーティー仕上げ完成しました!page1
 日本では、1990年代末頃から自動車の盗難事件が多発するようになった。警察庁の資料によると、国内で盗み出された自動車の数は、80年代から90年代前半にかけては、年間3万2000台から3万5000台程度の規模で推移していたが、90年代末から急増するようになり、ピークの2001年には6万3275台と6万台の大台を超えた。
かつては、買い物などでキーをつけたまま、車を離れ、その間に乗り逃げされてしまうというパターンが大半であったのだが、99年以降はキーをはずしていたのに盗まれるケースが、キーをつけたままのケースを上回るようになった。

 ロックをしてあり、キーをはずしていたのに車が盗まれるのは、窃盗犯がドアの隙間から針金状の解錠道具を入れてロックを開けたり、ハンマーなどでガラスを割ったりして、車内に侵入、電動ドリルなどを使って短時間でエンジンのキーボックスを破壊し、エンジンを始動させるという手口を使っていたためだ。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
窃盗団は組織的に車を盗んで、ナンバープレートなどをつけかえたうえ、海外などに転売する。

 盗難事件が最も多かった99年から2001年にかけては、高額で海外に転売できるという理由から、新車や高級外車、国産の高級セダンやRV車が被害にあうケースが多かった。しかし、2000年代に入ってからは、新車や高級車よりも中古車が狙われるケースが多くなっている。

 窃盗の対象が中古車へとシフトするようになった背景には、新車・高級車がイモビライザー(電子式盗難防止装置)を標準装備として取り付けることが多くなり、車を盗むことが難しくなったという事情がある...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆中古車関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆中古車関連の無料のレポート情報
世界各分野のトップ科学者・博士らの臨床データによる栄養療法

全世界で活躍する各分野でのトップクラスの科学者・博士らが、数々の症状に合わせ、世界中に及ぶ機関での研究と臨床データにより、その原因や効果的栄養素を紹介します。

この栄養素により世界中の人々の生命が救われています。

本来、私たちの…

被リンクが大増加するディレクトリ型検索エンジンリスト3000

ディレクトリ型の検索エンジンリストで、特に「相互リンク募集」にフォーカスして収集してあります。

■ブログやアフィリエイトサイトで【相互リンク先】を探す手間が省けます。

ページランク順に並べてありますので有効にお使い下さい。(上位…









Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4067-56c079b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。