介護の現場と今後の行方

ここでは、「介護の現場と今後の行方」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【□】新ベルト付 健康保険証・年金手帳入 263
介護問題は今後の日本の課題と言っても過言ではないでしょう。
今現在、高齢者を支えるのに必要な人数は、老人一人に対して5人弱です。しかし、医療技術は進む一方、少子化も加速度的に進んでいます。このまますすむと、総務庁の発表では老人一人を支えるのに必要な人数は2050年には3人必要になると言われています。ですがあくまでもこれは全国平均。若者が少ないような東北や北海道の一部地域ではすでに3人をきっているところもあるわけです。これは本当に日本にとって、非常に由々しき問題です。というのも、あくまでも経済的にという話ですが、高齢者と言うのは非生産人種です(老人蔑視というわけではないですからあしからず)。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
むしろ、年金ですとか、医療費など、国の経済的負担は増加する一方。しかも年金にしても、健康保険にしても、国に収める人口も減る一方なので、等比級数的に国の負担は増加します。そのうえ、非生産人工ということは、国益も減るわけです。そうすると介護は今後の日本の課題と言っても過言ではないということがお分かりになるかと思います。

その介護の現場がいま危ないとしたらどうですか?今現在介護士の数は足りていない状態。しかもその介護士も、3年以内に半数以上がやめていくという過酷な現場なのです。介護の仕事は、老人などの生活の世話が大半。そこには3つの苦労があるといいます。
ひとつが肉体的苦痛。
老人とはいえ50キロ前後はあるわけですが、その体重を持ち上げなければなりません...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆保険関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆保険関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4081-e5eea805
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。