06年度、保険医療機関の指定取消36件

ここでは、「06年度、保険医療機関の指定取消36件」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【□】健康保険証・年金手帳入 NO250
 診療報酬の不正請求などで保険医療機関の指定取消処分を受けた医療機関は2006年度、36施設だったことが、厚生労働省の調べで分かった。前年度から18施設の減。保険医の登録を取り消された医師・歯科医師は計41人で、前年度より13人少なかった。

 集計によると、06年度に保険医療機関の指定を取り消されたのは医科15施設、歯科19施設、薬局2施設の計36施設。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
保険医等の指定を取り消されたのは医師17人、歯科医師24人の計41人だった。医科、薬局に比べて歯科の取消件数が多かった。

 不正は架空請求や付増請求、二重請求がほとんどで、無資格者による診療や虚偽の届出など悪質なものもあったという。

 不正請求して返還を求められた金額は約53億4、000万円で、前年から7億2、000万円減少した。厚労省によると、「05年度に比べて大規模な不正請求が減少した」という。
(引用 yahooニュース)




◆保険関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆保険関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4085-cf6756a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。