<年金問題>「別人台帳」に25万件 社保庁は記録漏れ認識

ここでは、「<年金問題>「別人台帳」に25万件 社保庁は記録漏れ認識」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H16・キューブ ライダー 23,000km【全車修復歴なし 保証&AIS品質表示付】
 オンライン化されていない1430万件の宙に浮いた厚生年金記録のうち、原簿と被保険者名簿の年金番号が異なり納付者が特定できない25万件が「別人台帳」として管理されていることが分かった。厚生年金制度が始まった1942年から54年までに脱退した人の古い記録で、オンライン化された5000万件より以前に、社会保険庁は記録漏れを認識し別管理していた。野党側は「記録管理のずさんさの象徴」と批判する。

 25日の民主党厚生労働・総務合同会議で社保庁が説明した。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円


 社保庁は、1430万件の古い記録はマイクロフィルムに転写するにとどめ、80年代のオンライン化の際に入力しなかった。別人台帳はこの一部で、記録の基となる被保険者名簿の年金番号と、原簿である紙台帳の番号が異なるもの。59年までは都道府県、以降は社保庁が管理している。

 被保険者名簿から転記して台帳を作成する際のミスで生じたとみられる。社保庁は「持ち主が受給申請する際に記録を確認し、補正するものとされてきた」と釈明する。だが、該当者は67歳以上で、記録漏れに気づかぬまま受給できず、死亡したケースも少なくないとみられる。【野倉恵】
(引用 yahooニュース)




◆保険関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆保険関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4112-ce0a466a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。