さくら保険金殺人初公判 「恩義」と「借金」郡司被告、殺害依頼断れず

ここでは、「さくら保険金殺人初公判 「恩義」と「借金」郡司被告、殺害依頼断れず」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 1円スタート】★保証付★【 NEC 】【中古パソコン】VersaPro VA70J/WX(128MB.RW)Pentium3プ...
 さくら市の主婦、小林はるみさん=当時(41)=を保険金目的で殺害したとされる事件で、殺人罪に問われた土木作業員、郡司喜一被告(63)の初公判。弁護人は、郡司被告がはるみさんの夫、小林広・元社長=自殺、当時(58)=から自家用車や住居の面倒までみてもらった「恩義」を明かし、殺害依頼を断りきれなかった被告の心情を披露した。これに対し、検察側は「積極的、主体的に犯行にかかわった」として懲役20年を求刑した。判決は来年1月24日に行われる。

 論告によると、郡司被告は平成3~4年ごろに小林元社長と知り合った後、小遣いをもらうなど面倒をみてもらい、恩義を感じていた。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
小林元社長は今年2月上旬ごろ、500万円の報酬を約束してはるみさん殺害を郡司被告にもちかけ、「だれのおかげで生きてられんだよ。おれが面倒見てやってるからだろう」などと迫った。郡司被告は当時、税金の滞納や妻の入院費用など約270万円の借金があり、殺害を了承した。

 弁護側は、郡司被告が小林元社長から、小遣いだけでなく自家用車を無償で譲り受け、自宅が火事で全焼した後の住居の世話もみてもらったため、小林元社長の命令・指示には逆らえなかったと指摘。郡司被告は小林元社長から、はるみさん以外に元従業員ら2人の殺害を持ちかけられており、「今度殺害の対象となるのは自分かもしれないと恐怖を感じていた」と述べ、はるみさん殺害を断れない状況に追い込まれたと主張した...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆保険関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆保険関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4157-40c0c8a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。