<ブット氏暗殺>識者こう見る

ここでは、「<ブット氏暗殺>識者こう見る」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【1円スタート】【SHOPまねき猫】◆強力ハロゲン2灯式◆センサーライト◆MSL-75H2
 ◇野党間に反目 混乱拍車も

 ▽小田尚也・アジア経済研究所地域研究センター専任調査役(パキスタン経済)

 テロ実行犯が銃を発砲した点で10月のブット元首相帰国直後の自爆テロとは手口が異なる。不特定多数ではなく、ブット元首相を狙い撃ちにし、確実に命を奪おうとした。

 親米のブット元首相が総選挙で勝利して影響力を強め、ムシャラフ大統領、米国と手を組んで対テロ強硬路線が強まることを恐れたイスラム過激派による犯行の可能性が高い。

 ブット元首相が総裁を務めていたパキスタン人民党など野党勢力はこれまで「反ムシャラフ」でまとまっていた。だが、イスラム過激派の嫌疑が高まれば、人民党とイスラム勢力との間など野党内で反目が生じ、政治的混乱に拍車がかかる可能性がある。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円


 総選挙で人民党は同情票を期待できるが、リーダー不在で新体制が整わない。ムシャラフ大統領は予定通り来年1月8日に選挙を実施し、形式だけでも民主化プロセスの達成を誇示することも考えられる。

 他方、野党の選挙ボイコットが広がれば、選挙を強行しても民意が示されたとは言えなくなる。選挙を延期して仕切り直す方が民主化にはふさわしいのではないか。

 ◇新政権、正当性認知困難に

 ▽黒崎卓(たかし)・一橋大学経済研究所教授(南アジア地域研究)

 ムシャラフ大統領が治安を回復し、来年1月の総選挙を成功させて「民主的に誕生した政権」という正統性を内外に認知させるのは、非常に難しい...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆車関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆車関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4172-8bdecaf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。