ブット氏は誰に殺されたのか 解けぬ政府不信、パキスタン

ここでは、「ブット氏は誰に殺されたのか 解けぬ政府不信、パキスタン」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆1円スタート!◆G-ZONE 【クローズド・オークション】<1/14(月)終了> 【2008MODEL】日本...
 【イスラマバード=菅沢崇】ブット元首相はだれに殺されたのか-。元首相の暗殺事件についてパキスタン内務省は国際テロ組織アルカーイダと関係が深いとされる武装勢力の犯行する通話記録を公表した。しかし、政府の主張する犯行当時の状況が、民間テレビ局ドーンが放映した暗殺の瞬間をとらえたとされる連続写真と食い違うほか、武装勢力側も犯行を否定しており、政府当局の主張を信じる市民はほとんどいない。ムシャラフ大統領に向けられた不信感と怒りは高まる一方だ。
 放映された写真はアマチュアカメラマンが撮影した3枚で、1枚にはサングラス姿の男がブット氏に向けて銃を構えている様子が写っている。また、別の写真には白いかぶりものをした男がとらえられており、同テレビはこの男が自爆したと伝えた。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円

 内務省は自爆の爆風でブット氏がサンルーフのレバーに頭をぶつけ、頭蓋骨(ずがいこつ)が砕けたと発表している。しかし、もう1枚には男が銃を降ろしたところが写っており、倒れ込んだとみられるブット氏の姿は消えている。この時点で爆発は起きていないことから、ブット氏は射殺された可能性が高く、内務省の説明とは矛盾する。
 ブット氏が殺害された首都イスラマバード近郊ラワルピンディの現場周辺には30日朝も暗殺の真相を知ろうとする市民らが多数集まった。30歳代の男性は「ブット氏は権力維持を図ろうとする大統領にとって厄介な存在だった。個人的には政府につながる情報機関が事件を引き起こしたものだと思っているし、自爆テロも政府の陰謀が絡んでいるのではないか」と話した...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆車関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆車関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4209-efe044c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。