【K-1MAX】2・2混迷の日本代表トーナメント! 5年目のHAYATOは「ケジメをつけたい」

ここでは、「【K-1MAX】2・2混迷の日本代表トーナメント! 5年目のHAYATOは「ケジメをつけたい」」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Emily Makes a Difference: A Time of Progress and Problems
 12月26日(水)都内ホテルで記者会見が行われ、2008年2月2日(土)東京・日本武道館で開催されるTBS/FEG主催『K-1 WORLD MAX2008~日本代表決定トーナメント』の概要が発表された。会見にはK-1谷川貞治イベントプロデューサー(以下、EP)、出場選手が出席した。

「70kgは人材の宝庫、今回は思い切ってメンバーを一新しました」という谷川EPの言葉通り、トーナメントにはフレッシュな顔ぶれがズラリと並んだ。04年からトーナメントに出場しているHAYATOと06&07年で準優勝しているTATSUJIを除けば、尾崎圭司、アンディ・オロゴン、山本優弥が2度目のトーナメント参戦、前田宏行、城戸康裕、龍二はトーナメント初出場となった。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円


 一般的な知名度こそ低いものの、「現時点では最強の8人が揃ったと思います」と谷川EP。トーナメントの枠組み&一回戦の組み合わせは決まっていないが、「若くて将来性のある選手が多いですし、世界に向けて可能性を感じさせる試合をして欲しいと思います」と、誰が優勝しても初優勝となるトーナメントに期待を寄せた。そして谷川EPの挨拶を受けて、トーナメント出場選手が挨拶。その後に質疑応答が行われたが、各選手それぞれのキャラクターが出る挨拶となった。

TATSUJI
「押忍、TATSUJIです。優勝するのは当たり前だと思っているんで、誰が出てきても倒せるように頑張ります。押忍」

前田宏行
「4月の試合が終わった後に入院して、進退を考えた事もありました...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆time関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆time関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4220-46006ead
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。