川崎・琴平神社放火:元日から参拝者に募金 再建に2億2000万円以上 /神奈川

ここでは、「川崎・琴平神社放火:元日から参拝者に募金 再建に2億2000万円以上 /神奈川」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コエンザイムQ10とビタミンEのパワーが合体!コエンザイムQ10 90粒
 ◇儀式殿に立て看板
 ◇「みなさまのお力が必要、お気持ちいただきたい」
 6月26日に本殿と拝殿を放火された川崎市麻生区の琴平(ことひら)神社が、元日から立て看板を設置して参拝者に再建資金を募る。再建には約2億2000万円以上かかる見通しで、自己資金ではとても足りない。志村幸男宮司は「再建はみなさまのお力がなければ不可能。お気持ちをいただきたい」と話している。【中島和哉】
 琴平神社は440年ほど前に建てられたと伝えられる麻生区を代表する神社。参拝客やお祓(はら)い客が訪れる儀式殿、50メートルほど離れた小高い山の上にある本殿と拝殿で成り立ち、例年正月三が日で約4万5000人が初詣でに訪れる。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円

 放火により本殿と拝殿が全焼し、拝殿の天井にあった渡辺華山(江戸時代後期の画家、蘭学者)作とされる花鳥山水63枚の板絵も焼けた。翌日逮捕された容疑者は10月10日、懲役7年の実刑判決を受けた。この日はくしくも、年1度の例大祭の日。志村宮司は「神罰が下ったのでしょう」とみる。
 再建計画は氏子や地元の王禅寺町内会などの有志が計6回にわたって練り上げた。土造りだった本殿を木造にする以外は焼失前と同様に建て直す。焼けた天井画は伊勢神宮などに油絵を寄贈したほどの腕前を持つ志村宮司自らが再現するつもりで「作風は違えども、華山が残した作品を再現し、後世に残すことに意味がある。必ず再建に間に合わせたい」と話す...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆保険関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆保険関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4242-ed0815a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。