<アメフット>QB高田、痛みこらえTDパス ライスボウル

ここでは、「<アメフット>QB高田、痛みこらえTDパス ライスボウル」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MPV エアロパーツ サイドジェネレーター LW3W LWFW LW5W LWEW LVEW
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080103-00000045-mai-spo
◇アメリカンフットボール第25回日本選手権・第61回ライスボウル

○松下電工52-38関学大●

 後半、関学大の怒とうの反撃に防戦一方となった松下電工。第4クオーター、7点差まで迫られた逆風を食い止めたのはエースQB高田の意地だった。

 第3クオーターに入り、鉄壁だった守備の歯車が狂い始めた。14点差とされ、流れが関学大に傾き始めたその時だった。サックされた高田が左足首をひねり、足をひきずりベンチに退いた。

 第4クオーター6分、関学大QB三原にTDパスを決められ7点差。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
「(足は)痛過ぎるほど」という高田だが、テーピングをきつく巻き直して村上監督に出場を直訴した。

 フィールドに戻ると「とにかくTDを取りたい。痛みより、その気持ちが勝っていた」。残り10分、自陣35ヤードから確実に短いパスなどでつなぎ、5連続で攻撃権を更新した。最後は冷静に相手守備陣の穴を見抜き、TE霊山に3ヤードのTDパスを通した。

 村上監督は「守備がやられっ放しだっただけに、あの高田の追加点が大きかった」と胸をなでおろした。DL陣に日本代表3人をそろえるなど鉄壁の守備陣から、これまで「守備の松下」とも呼ばれた。04年の立命大時代に続く日本一に「QBがどう試合を作るか。そればかり考えている」という高田が、チームのイメージまでも一変させた。【和田崇】



◆車関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆車関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4266-73bad711
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。