アイオワ燃ゆ 米大統領選、党員集会で開幕

ここでは、「アイオワ燃ゆ 米大統領選、党員集会で開幕」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バックセンサー(ジープ・チェロキー)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080103-00000943-san-int
 11月の米大統領選の幕開けとなるアイオワ州の党員集会が、3日夜(日本時間4日午前)に行われる。民主、共和両党ともに大接戦のなか、各陣営は2日も州内各地を回り、党員らに集会出席と集会での支持表明を訴えた。有力候補の動きを追った。(アイオワ州 有元隆志)

 ■民主党

 「変化をもたらすために立ち上がろう。新しいページを開くときだ」
 州都デモインから車で約2時間のシダーラピッズ市内にある退役軍人記念会館。オバマ上院議員は、氷点下の中を詰めかけた1000人近い聴衆を前にこう訴えた。
 上院議員1期目のオバマ氏は「経験不足」を批判されることも多いが、政治倫理の確立に努めてきたことなどを力説し、「変革」の先頭に立てる指導者だと強調した。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円

 まだ支持候補を決めていないという聴衆の一人、レオ・ブザルスキーさん(23)は「変化を訴えるオバマ氏の主張には同感する。今晩じっくり考えたい」と話していた。
 退役軍人記念会館から車で約20分の大学体育館では、クリントン上院議員が数百人の聴衆に「変化の準備はできていますか」と語りかけた。「変化」を旗印に掲げるオバマ氏を意識したものだ。
 クリントン氏は大統領夫人時代に北アイルランド紛争解決に関与したことなど、外交経験に触れることも忘れなかったが、オバマ氏と「変化対経験」で本格的に争うことは避けているようだ。というのも、過去の大統領選でも「変化対経験」は争点となったものの、1960年のニクソン(共和)対ケネディ(民主)、2000年のブッシュ(共和)対ゴア(民主)にみられるように、経験不足を批判された候補の方が勝利している例があるためだ...

ニュースの続きを読む




◆車関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆車関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4271-049fb583
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。