3月よりPASMO・Suicaの利用エリアが拡大、3線連絡定期券も発行可能に

ここでは、「3月よりPASMO・Suicaの利用エリアが拡大、3線連絡定期券も発行可能に」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆チョロQ◆名車勢ぞろい◆ルート66◆コレクターズエディション 【6台セット】【つるかめ本舗】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080104-00000003-zdn_mkt-bus_all
 PASMO協議会と東日本旅客鉄道(JR東日本)は12月21日、IC乗車券「PASMO」「Suica」が利用できるエリアの拡大について発表した。また、交通事業者系クレジットカードのユーザーが利用できる「PASMOオートチャージサービス」もサービスを拡充する。エリア拡大とサービス拡充は、いずれも3月から。

【拡大画像】

 また、JRと私鉄・地下鉄の連絡定期券の発売範囲も拡大する。詳細は2月中旬以降発表されるが、現在は原則対応していない3線連絡定期券の発行(参照記事)が始まる見込みだ。

 なおPASMOのサービス拡充に伴い、共通磁気乗車券「パスネット」の利用を、3月をもって停止する。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円


 →パスネット、3月14日で自動改札機での利用終了(参照記事)

 →JR3社のSuica、ICOCA、TOICAが2008年春から相互利用可能に(参照記事)

●新潟・仙台のSuicaエリアでもPASMOが利用可能に

 首都圏では私鉄2路線が3月に開業予定だ。3月30日から開業する「日暮里・舎人ライナー」と、3月末に開業予定の「横浜市営地下鉄グリーンライン」のいずれも、開業日から全駅でPASMO/Suicaが利用可能になる。

 また、Suicaエリアも拡大する。首都圏では日光線の宇都宮駅~日光駅間と、常磐線の日立駅~高萩駅間、新潟では信越本線の東三条駅~長岡駅、弥彦線の東三条駅~吉田駅~弥彦駅間、磐越西線の新津駅~五泉駅間、羽越本線の新津駅~新発田駅間で、3月15日からSuica/PASMOが利用可能になる...

ニュースの続きを読む




◆車関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆車関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4276-4398eb2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。