レディオヘッド、『イン・レインボウズ』デイリー洋楽第1位

ここでは、「レディオヘッド、『イン・レインボウズ』デイリー洋楽第1位」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファンファーレとソリロキー/Fanfare and Soliloquy for Band/作曲:T.シャープ【吹奏楽-楽譜...
2007年、世界中の音楽ファンと音楽業界を震撼させた、自由価格ダウンロードの『イン・レインボウズ』。様々な話題が飛び交い、いろんな憶測とともに、この歴史的事件が多方面に大きな影響を与えたのはご存知の通り。

2007年12月3日、ここ日本でも「www.inrainbows.jp」が登場し、自由な価格でアルバムを入手できるようになった。そしてその3週間後、12月26日にCD『イン・レインボウズ』の発売である。

自由にアルバムの音が入手できるという、開放された状況下で、果たしてパッケージCDは売れるのか?

2007年12月25日付オリコン・デイリー・アルバムチャート、洋楽第1位は…『イン・レインボウズ』だったのだ。総合ランクでは第6位というこの事実、素晴らしい結果だ! 不況にあえぐ音楽業界といわれる中で、評価されるべき音楽はきちんと評価され、愛する音楽はきっちりと手元に購入する…当たり前のことながら、日本の音楽ファンの健全な姿勢と行動が結実した結果に、なんだか目頭が熱くなる思いだ。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円


そして、この評価は日本にとどまらず、世界中で、素晴らしい結果が次々と発表されている。
・米Billboard誌 ベスト・アルバム第一位
・米time誌 ベスト・アルバム第二位
・米INTERNATIONAL HERALD TRIBUNE紙 ベスト・アルバム第一位
・米Filter誌 ベスト・アルバム第一位
・米LOS ANGELES timeS ベスト・アルバム第一位
・英MOJO誌 ベスト・アルバム第一位
・英GUARDIAN紙読者投票 ベスト・アルバム第一位
・英GUARDIAN紙 ベスト・アルバム第二位
・英NME誌 ベスト・アルバム第三位
・日ROCKIN ON誌 ベスト・アルバム第一位
・日SNOOZER誌 ベスト・アルバム第一位
・日CROSSBEAT誌 ベスト・アルバム第三位

年の瀬に舞い込んできた、なかなか素敵なこのニュース…2007年、音楽ファンにとって、なかなか素晴らしい1年だったのではないだろうか...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆time関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆time関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4278-50a9b014
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。