<米大統領選>アイオワは「予備選の先行指標」 勝者に弾み

ここでは、「<米大統領選>アイオワは「予備選の先行指標」 勝者に弾み」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポケバイ★ATV四輪バギー・モデル★TYPE1黒♪49cc PL保険対応
 11月の米大統領選に向け初陣となったアイオワ州党員集会は3日(日本時間4日)、民主、共和両党とも激戦の結果、共和党はマイク・ハッカビー前アーカンソー州知事(52)、民主党はバラク・オバマ上院議員(46)がそれぞれ勝利した。激突した候補は両党ともアイオワ州を「予備選の先行指標」として最重視してきただけに負けられない一戦。勝者は続くニューハンプシャー州(8日)など今後の予備選に弾みとなる一方、首位を逃した候補は巻き返しに躍起だ。【デモイン大治朋子、和田浩明】

 ■民主党

 「ワシントン政治の改革」を訴えたオバマ氏が勝利し、「本命」視されたヒラリー・クリントン上院議員(60)が沈んだ。3日のアイオワ州での民主党党員集会が示した結果は、ブッシュ政権からの「変革」を求めて若手のオバマ氏を支持した時代の大きなうねりを予感させた。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
ジョン・エドワーズ元上院議員(54)にも並ばれたクリントン氏の痛手は深い。

 オバマ陣営は州内の大学など60校に支援の核となるサークルを組織。白人が95%を占める農業州アイオワで「オバマ旋風」を巻き起こしたのは若者たちだった。民主党の党員集会参加者が前回04年の約12万人から約22万人にまで膨れたことは「いつもは集会に出席しない若年層」(レッドロースク・アイオワ大准教授)が足を運んだ結果とみられる。

 一方、クリントン陣営の戦略は裏目に出た。オバマ氏を経験不足で「実行者」ではないと批判、93年からの大統領夫人として積み上げた「経験と実績」を繰り返したことが、逆にオバマ氏に新鮮味を与えた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆保険関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆保険関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4305-bbd9ad7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。