WSJ-マーシュ・アンド・マクレナン、ドラマは結末を迎えるか

ここでは、「WSJ-マーシュ・アンド・マクレナン、ドラマは結末を迎えるか」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポケバイ★ATV四輪バギー・モデル★TYPE1青♪49cc PL保険対応
ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)米保険ブローカー大手マーシュ・アンド・マクレナン(NYSE:MMC)の長きにわたるドラマはいつの日かハッピーエンドを迎えるかもしれない。だがその日にも、検察当局の怒りから同社を救った最高経営責任者(CEO)の更迭、未公開株投資会社からの買収提案に加え、同社の分割を求める多数の憤慨した投資家からの異議申し立てなど、予想外の展開が続いているだろう。

投資家にとって最善の結末は、同社が中核の保険仲介事業で収益性を高める経営方法を見つけるという最も単純なことだろう。だが「アクティビスト投資家(行動する投資家)」に取り囲まれるなかで委任状投票の時期が近づいており、刻一刻と時は過ぎている。マーシュの取締役会は、より大胆な行動を余儀なくされるかもしれない。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円


マーシュは何年も前から事態の改善を試みているものの、失敗に終わっている。不満を募らせたアクティビストは昨年12月、マイケル・チェルカスキーCEOの更迭を迫った。同氏は、マーシュの事業慣行について調査を受けた件で、2005年に8億5000万ドルの和解金を支払うことで合意し同社を救ったと評価されている。ただ同氏は、問題の事業慣行で上げていた利益を埋め合わせる方法を見いだせず、マーシュの利益率は同業他社をはるかに下回っている。同氏は、後任が決まるまでCEO職にとどまる。

保険仲介部門の立て直しが重要であることは明らかだ。スティーブン・ハーディス会長は12月、CEOの後任探しを始めると発表した時にこの点を強調し、「株主価値を最大化するためには、最も慎重かつ持続可能な方法でマーシュを完全に回復させることが不可欠だと取締役会は考えている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆保険関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆保険関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4316-dab049c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。