第49回日本レコード大賞は、コブクロ「蕾」

ここでは、「第49回日本レコード大賞は、コブクロ「蕾」」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  【送料無料】Popularミュージック / オムニバス
 紅白歌合戦と並び、年末の恒例行事となる「第49回 輝く!日本レコード大賞」が30日、東京・新国立劇場中劇場にて発表。司会は昨年と同じく12年連続となる堺正章に加えて、蛯原友里と押切もえが華を添えた。

 金賞10作品の中から第49回日本レコード大賞の栄冠を手に入れたのは、今回が初の受賞となるコブクロの「蕾」。最優秀歌唱賞はEXILEの「時の描片 ~トキノカケラ~」が選ばれた。最優秀新人賞は℃-uteが受賞した。

 コブクロの「蕾」は、今年1月から3月に掛けてフジテレビ系にて放送されたドラマ「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の主題歌に起用され、コブクロにとって初のオリコン・ランキング1位を獲得した楽曲。その後6月から8月に掛けて全国12都市24公演で行なわれたツアーでは、小渕健太郎が亡き母親を思い浮かべて涙ながらに同曲を歌う姿も見られた。

■日本レコード大賞
「蕾」コブクロ

■最優秀歌唱賞
「時の描片 ~トキノカケラ~」EXILE

■最優秀新人賞
℃-ute

■金賞
「愛のうた」倖田來未
「金沢の雨」川中美幸
「きよしのソーラン節」氷川きよし
「Jewelry day」絢香
「蕾」コブクロ
「時の描片 ~トキノカケラ~」EXILE
「PEACH」大塚 愛
「ひとり薩摩路」水森かおり
「LOVE IS THE GREATEST THING」w-inds.
「LOVE LETTER」BoA

■新人賞
℃-ute
JYONGRI
ステファニー
高杉さと美

■特別賞
秋川雅史
阿久悠
徳永英明
服部良一・克久・隆之

■作曲賞
新井 満
「千の風になって」秋川雅史

■編曲賞
亀田誠治
「哀歌(エレジー)」平井堅
「サクラ色」など アンジェラ・アキ

■作詩賞
ちあき哲也
「吾亦紅」すぎもと まさと

■日本作曲家協会奨励賞
あさみ ちゆき

■企画賞
「伊東ゆかり プレミアム・ベスト~60カラットの愛の歌~」伊東ゆかり 小澤惇プロデューサー
「歌芝居」石川さゆり 株式会社 テイチク エンタテインメント
「艶華 -Enka-」中森明菜 ユニバーサル ミュージック株式会社
「歌舞伎・黒御簾音楽 精選110」演奏:尾上菊五郎劇団音楽部 キングレコード株式会社
「作詩家 高野公男-没 五十周年記念-別れの一本杉は枯れず」キングレコード株式会社
「ブラバン!甲子園」指揮:齊藤一郎 演奏:東京佼成ウインドオーケストラ ユニバーサル ミュージック株式会社

■功労賞
池多孝春
大沢浄二
五月みどり

■特別功労賞
阿久 悠
井沢八郎
植木 等
掛 昇一
坂井泉水
羽田健太郎

・コブクロ|EXILE|JYONGRI|ステファニー|高杉さと美|徳永英明|ZARD - アーティスト情報

・社団法人 日本作曲家協会 オフィシャルサイト
・第49回 輝く!日本レコード大賞 - TBS

■関連記事
・ZARD、追悼ライブで新曲発表(2007年09月20日)
・徳永英明、「VOCALIST」最終章が30年ぶりの快挙(2007年08月21日)
・コブクロ、亡き母に捧ぐ歌(2007年08月13日)
・インタビュー:JYONGRI「楽しい音楽、それが伝われば」(2007年03月23日)
・第48回日本レコード大賞は氷川きよし、最優秀新人賞は絢香(2006年12月31日)

(引用 livedoorニュース)




◆秋川関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆秋川関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4358-89810470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。