[石綿]船員の死亡急増 労災認定2年で8.5倍34人に

ここでは、「[石綿]船員の死亡急増 労災認定2年で8.5倍34人に」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H19・キャリイトラック KC エアコン・パワステ 走行少1,000km未満【全車修復歴なし 保証&AIS...
 アスベスト(石綿)を吸引し中皮腫などで死亡し労災認定された元船員が、少なくとも34人いることが、患者支援団体の情報開示請求で分かった。05年夏に公表された船員の石綿死認定は4人で、2年余りで8.5倍になった。また、石綿関連の病変があり船員健康管理手帳が交付された人も400人を超え、被害の拡大が懸念される。支援団体は、労災に気付かない人のため船会社や疾病名の公表を求めている。 船舶ではかつて機関室のボイラーや配管、船室の隔壁などに石綿が使われ、補修作業などで石綿が舞ったことによる健康被害が出ている。しかし、明るみに出たのが比較的遅く、政府が対策を打ち出したのが05年。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
報道などで知った船員経験者やその家族らが急増したのが要因とみられる。 「中皮腫・じん肺・アスベストセンター」(東京都江東区)が、船員保険を扱う社会保険庁に情報開示請求した。同センターによると、07年6月28日までに労災認定で遺族給付(遺族補償)決定が出たのは05年公表の対象者を含め34人。内訳は東京社会保険事務局が16人、神戸、長崎が各3人――などだった。 ただ、社保庁は「治療中の人も含めた認定者の人数や病名は把握していない。船会社の名前は今は言えない」として、詳細な説明を拒んでいる。 一方、国土交通省が、胸膜肥厚斑(きょうまくひこうはん)など石綿関連病変が見つかった人の定期健診のため2年前から導入した船員健康管理手帳の交付者は07年11月までに418人に達した...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆保険関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆保険関連の無料のレポート情報
世界各分野のトップ科学者・博士らの臨床データによる栄養療法

全世界で活躍する各分野でのトップクラスの科学者・博士らが、数々の症状に合わせ、世界中に及ぶ機関での研究と臨床データにより、その原因や効果的栄養素を紹介します。

この栄養素により世界中の人々の生命が救われています。

本来、私たちの…

被リンクが大増加するディレクトリ型検索エンジンリスト3000

ディレクトリ型の検索エンジンリストで、特に「相互リンク募集」にフォーカスして収集してあります。

■ブログやアフィリエイトサイトで【相互リンク先】を探す手間が省けます。

ページランク順に並べてありますので有効にお使い下さい。(上位…









Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4384-96815682
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。