オリンパス、同社初の生録用リニアPCMレコーダ

ここでは、「オリンパス、同社初の生録用リニアPCMレコーダ」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[カーボンロレーヌ]シンタードブレーキパッド【2254】[A3 /スタンダード]フロント専用
 オリンパス株式会社は、同社初のリニアPCMレコーダ「LS-10」を2月7日に発売する。2GBのメモリを内蔵しており、価格はオープンプライス。直販価格は49,800円

 同社はWMAフォーマットで録音するボイスレコーダ「Voice-Trekシリーズ」を展開しているが、「LS-10」は同シリーズの製品ではなく、音質を重視した新機軸。フォーマットにリニアPCMを採用し、24bit/96kHzでの録音が可能。鳥の声や機関車の走行音、楽器演奏の録音など、生録での使用を想定したモデルとなっている。

 内蔵メモリは2GB。SD/SDHCメモリカードスロットも備えており、最大8GBのカードが追加できる。録音/再生対応フォーマットは、リニアPCM(WAV)に加え、MP3、WMAもサポート。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
用途に合わせて選択できる。リニアPCM 24bit/96kHzの場合、内蔵2GBメモリに約55分の録音が可能。リニアPCMのモードは24bit/96kHz、16bit/96kHz、24bit/48kHz、16bit/48kHz、24bit/44.1kHz、16bit/44.1kHzを用意する。

 内蔵マイクはステレオで、高感度録音も追求。アルミの削り出し筐体を採用することで振動によるノイズの低減したほか、周波数特性や指向特性といったマイクの基本性能を引き出すため、本体上部左右に配置したマイクを90度外側に向けて配置。「自然で広がりのあるステレオ感と中抜けのバランスがとれた高音質録音を可能にした」という。

 内蔵ステレオマイク録音時の周波数特性は70Hz~20kHz。ステレオミニのライン入力も備えるほか、3.5mmのマイク入力、EARジャックも用意...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆車関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆車関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4414-27823b1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。