CRI、声質を変えずに再生速度を変えられるDS向けミドルウェアを発表

ここでは、「CRI、声質を変えずに再生速度を変えられるDS向けミドルウェアを発表」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイムセール\5000以上で送料無料!★しっとりタイプ★タイムセール!プリスティーンウォーター★...
ゲーム開発者向けの各種ミドルウェアを提供するCRI・ミドルウェアは、音声の音質を変えずに再生速度を速くしたり、遅くしたりすることを可能にするリアルタイム音声処理技術「C-TST(CRI Time Stretch Technology)」を開発し、ニンテンドーDS向けの音声再生システム「救声主」の追加モジュールとして提供すると発表しました。

従来の再生手法では再生速度を速くすると甲高く、遅くすると野太くなり、実用的ではありませんでしたが、「C-TST」システムでは音質変化を最小限にし、元々の話し手の声を維持したまま、リアルタイムに再生速度を -30%に変える事が出来ます。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
また、CPUの負荷も1%に抑えられているということです。

公式サイトでは実際に再生速度を変えた音声デモを確認することができます。

DSでは英語などの学習や料理レシピなど「非ゲーム」に分類されるソフトが多数リリースされており、音声を使ったナビゲーションも多く採用されています。「C-TST」のシステムを使用すれば、そのような場面で各プレイヤーの好みに合せて再生速度を変える事が出来ます。また、声優を起用したRPGのようなタイトルでも速度を変えられることで、スキップされる場面を少なく出来そうです。

価格は1タイトルあたり44万円(救声主込み)です。

(引用 livedoorニュース)


Hour Game


◆time関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆time関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4423-01395a16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。