QuickTimeに脆弱性、再び発覚

ここでは、「QuickTimeに脆弱性、再び発覚」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レント デラックス・コレクターズ・エディション
 米Appleのメディア再生ソフト「QuickTime」の脆弱性情報がまた新たに公開され、米US-CERTが1月10日、注意を促した。現時点でパッチは公開されていない。

 US-CERTによると、脆弱性はQuickTimeがReal Time Streaming Protocol (RTSP)URLを処理する方法に存在する。

 細工を施したQuickTimeファイルにユーザーがアクセスすると、リモートの攻撃者が任意のコードを実行したり、サービス妨害(DoS)攻撃を仕掛けることが可能になる。

 この問題を発見したセキュリティ研究者ルイジ・オーリエンマ氏のアドバイザリーによると、脆弱性はQuickTime 7.3.1.70とそれ以前のバージョンに存在し、WindowsとMacの両方が影響を受ける。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
同氏はコンセプト実証コードも併せて公開。現時点でパッチは存在しない。
Apple、アップデートでQuickTimeの脆弱性にようやく対処
QuickTimeのゼロデイ悪用でSecond Life通貨を強奪
QuickTimeの脆弱性突くゼロデイ攻撃が発生
time.html">【QuickTime】に関連する最新記事はこちら
【脆弱性】に関連する最新記事はこちら
【ゼロデイ】に関連する最新記事はこちら
【Apple】に関連する最新記事はこちら
【Mac】に関連する最新記事はこちら
【Windows】に関連する最新記事はこちら

(引用 livedoorニュース)




◆time関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆time関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4452-887cf3e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。