<アニメ批評>「精霊の守り人」 IGが作り上げた ファンタジーの“古典”

ここでは、「<アニメ批評>「精霊の守り人」 IGが作り上げた ファンタジーの“古典”」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きらオク【即落】毎分4500回振動ぶるぶるベルト マイクロビューティベルト 【離島発送不可商...
 プロダクションIGと言えば、真っ先に浮かぶのは「攻殻機動隊」シリーズで、リアルな近未来SFやロボットの描写を得意とするアニメ制作会社というイメージだった。

 その意味で異世界ファンタジーの本作に挑むのは“冒険”であったはずだ。だが神山健治監督とプロダクションIGのスタッフは、作家・上橋菜穂子の児童文学を元に、見事なファンタジーを作り上げた。

 舞台は新ヨゴ皇国という東南アジアを思わせる国。槍(やり)使いの女用心棒バルサは、水妖を身に宿したがゆえに、帝から命を狙われる第二皇子チャグムの護衛をチャグムの母・二ノ妃から頼まれる。バルサはチャグムを連れ、帝の刺客から逃げることとなるのだが……。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円


 プロダクションIGの魅力は、精密な背景としっかりした人体の動きを描写したリアルなアニメを作り上げてきたことだ。

 その特性はファンタジーである本作にも、しっかり反映されている。水車の車輪から刀のデザインの隅々まで、作り手の意識が行き渡っており、「よくぞここまで一つの異世界を作り上げたものだ」と感心させられる。

 もう一つの魅力は、殺陣(たて)の迫力と美しさだ。武器と武器がぶつかる重量感と、バルサの躍動感あふれる槍さばきは、純粋なチャンバラ時代劇としても楽しめる。それゆえ本作はファンタジーアニメの“古典”として今後も残っていくだろう。

精霊の守り人 ジェネオンエンタテインメント 6090円

◇著者プロフィル

成馬零一/ライター...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆車関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆車関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4534-9cb17627
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。