<レバノン>爆発で4人死亡 米大使館の車両狙ったテロ?

ここでは、「<レバノン>爆発で4人死亡 米大使館の車両狙ったテロ?」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【送料無料】汎用タイプ グラファイトコートワイパーブレード 2本セット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080116-00000005-mai-int
 【カイロ高橋宗男】レバノンからの情報によると、首都ベイルートのキリスト教徒地区で15日午後4時半(日本時間同11時半)ごろ、米大使館の車両を狙ったテロとみられる爆発が起きた。治安当局筋によると、4人が死亡、16人が負傷した。米国務省によると、死傷者に米国人は含まれていないが、大使館のレバノン人運転手が軽傷を負った。

 05年2月に反シリア派のハリリ元首相が暗殺されて以降、レバノンでは約30件に及ぶ爆弾テロ事件が発生している。標的のほとんどは欧米や親米アラブ諸国が支持する反シリア派の有力政治家らで、米国関係者が狙われたのは初めて。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円


 地元メディアによると、車爆弾による爆発との情報がある。レバノンのファトファト青年スポーツ相は中東の衛星テレビ局「アルアラビーヤ」で、米大使館車両を狙った攻撃だと言明した。同局は、爆発現場が米大使館の車両を修理する工場に続く道路だと伝えた。

 レバノンでは、反シリア派と親シリア派の対立によって新大統領を選出できず、昨年11月23日のラフード前大統領退任以降、1カ月半にわたり大統領不在の異常事態が続いている。両派の対立には、双方をそれぞれ支持する「欧米・親米アラブ」と「シリア・イラン」の対立構図が投影されている。

 レバノンでは昨年12月、政府軍の次期将軍有力候補だったフランソワ・ハジ准将ら計4人が暗殺されたばかり。9月と6月にも反シリア派国会議員がそれぞれ殺害されている...

ニュースの続きを読む




◆車関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆車関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4538-249163c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。