損保ジャパン、MSとSOAベースのオンラインシステムを共同開発

ここでは、「損保ジャパン、MSとSOAベースのオンラインシステムを共同開発」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自転車!?バイク!?原付登録OK!マニアックな方にお勧め!組立てる楽しさ満点★バイモ 50cc...
 損害保険ジャパンとマイクロソフトは1月7日、2005年7月から共同で開発していた基幹系オンライン基盤システムが2007年11月に稼働を開始したと発表した。第一弾として、同システム上で保険金支払いシステムおよびコールセンターシステムを開発し、2008年3月をめどに利用できるようにするという。

 新システムはサービス指向アーキテクチャー(SOA)を前提に設計した。外部連携や社内業務プロセスの可視化を図ったのが特徴。新しい保険商品など顧客に新サービスを提供する際に必要なシステムを柔軟に構築できるようにする。

 具体的には、マイクロソフトの.NET Frameworkの採用により、OSのバージョンアップによるアプリケーションへの影響を減らし、アプリケーションの寿命を伸ばせるようにした。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
コスト削減効果のほか、アプリケーション開発技術者が新規案件に注力できるようになるといった利点を見込む。

 Windows ServerやデータベースソフトウェアのSQL Server 2005 Enterprise Edition、開発ツールのVisual Studio 2005 Team Systemなど、マイクロソフトの製品を全面的に採用したという。

 2008年度以降は、営業向けシステムおよび代理店向けシステムを順次開発する。
他の画像が掲載された記事
【Microsoft(マイクロソフト)】に関連する最新記事はこちら
【SOA】に関連する最新記事はこちら
【コールセンター】に関連する最新記事はこちら
【データベース】に関連する最新記事はこちら
【業務プロセス】に関連する最新記事はこちら

(引用 livedoorニュース)




◆保険関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆保険関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4571-98f8f4ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。