アップル、HDD+AirMac Extremeの「Time Capsule」を投入

ここでは、「アップル、HDD+AirMac Extremeの「Time Capsule」を投入」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通園・通学・職場に!【サンリオ】シュガーバニーズハンカチ3枚セットプリティ柄
 アップルが2月に出荷予定の「Time Capsule」は、1Tバイト/500GバイトのHDDを内蔵した無線LAN機能付きNASだ。

●Time Machineでのバックアップに適した新製品

 アップルは1月16日、Mac OS X Leopardに搭載されるTime Machineのコンパニオン製品として位置付けられる新モデル「Time Capsule」を発表した。出荷は2月開始の予定で、AirMac Extremeは併売される。

 新製品のTime Capsuleは、IEEE802.11n(ドラフト 2.0準拠)/a/g/bに対応した無線LANルータ機能を内蔵したNASで、無線環境でMac/Windows PCのバックアップを気軽に行なえるのが特徴だ。HDD(7200rpm)容量に応じて2モデルが用意され、Apple Storeの価格は1Tバイト版が5万9800円、500Gバイト版が3万5800円となっている。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円


 外観や背面の端子類は既存のAirMac Extremeを踏襲しており、4基のギガビット対応ポート(LAN側×3/WAN側×1)と1基のUSBポート(プリンタやHDDを接続可能)で構成される。本体サイズは、197(幅)×197(奥行き)×36.3(高さ)ミリとAirMac Extremeの165(幅)×165(奥行き)×34(高さ)ミリを二回りほど大きくした格好で、重量はAirMac Extreme(約753グラム)の2倍近い約1587グラムとなる。その分、電源は内蔵され、AirMac ExtremeのようなACアダプタはなくなった。

 WPA/WPA2、128ビット/40ビットのWEPといったセキュリティ機能はAirMac Extremeに準じており、対応OSはMac OS X 10.4以降(Time MachineによるバックアップはMac OS X 10.5.1以降)、Windows XP(SP2)/Vistaとなっている...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆time関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆time関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4609-cef7cc77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。