<死亡保険>未成年者は半額に 親の犯罪懸念 生保各社方針

ここでは、「<死亡保険>未成年者は半額に 親の犯罪懸念 生保各社方針」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H18・ヴィッツ B 15,000km【全車修復歴なし 保証&AIS品質表示付】
 未成年者を被保険者とする死亡保険について、生命保険各社が保険金の上限額を現在の半分以下に引き下げる方針であることが18日、明らかになった。具体的には、2000万円程度となっている子供などを対象にした未成年者向け死亡保険の保険金上限額を数百万円に引き下げる方向で、各社とも早ければ来年度から適用する。

 未成年者向けの死亡保険については、親が子供に高額な保険金を掛けたうえで殺害するなど「凶悪犯罪を誘発する懸念がある」と指摘されてきた。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
100年ぶりとなる保険法の改正を議論した金融審議会(首相の諮問機関)も、報告書で保険金額に制限を設けるように提言。政府は報告書をベースに今通常国会に保険法改正案を提出する予定だ。

 これを受けて、国内外の生保会社41社が加盟する生命保険協会は、3月までに未成年者向け死亡保険契約に関する自主的なガイドライン(指針)を策定する。大幅な引き下げが盛り込まれる模様で、日本生命保険や第一生命保険など各社は、半額以下に引き下げる方向だ。【坂本昌信】
(引用 yahooニュース)




◆保険関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆保険関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4614-73bae9fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。