防災セミナー:発生確率99%、県沖地震に備え--仙台で東北大研究者ら /宮城

ここでは、「防災セミナー:発生確率99%、県沖地震に備え--仙台で東北大研究者ら /宮城」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワンダーマット《モノトーン》
 ◇さまざまな分野で連携し
 阪神大震災から13年目を迎えた17日、東北大の研究者グループが、市民に防災についての研究成果を報告するセミナー「防災科学研究と地域連携」を仙台市内で開いた。
 主催したのは、理系から文系までさまざまな分野の研究者17人が参加する「東北大防災科学研究拠点グループ」。最新の研究成果を多くの人に知ってもらうため、初めてセミナー開催を企画した。
 奥村誠・東北アジア研究センター教授(土木計画学)は、阪神大震災直後に現地入りした際、道路が混雑し、物はおろか、亡くなった人の遺体さえ運べない状況だったと報告。
 「交通計画によって人の命を救う方法を考える必要がある」としたうえで、「負傷者の9割が自家用車で病院に運ばれたというデータがある。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
病院がいっぱいにならないよう、救急車だけではなく自家用車での患者搬送先も、計画的に割り振る必要がある」と指摘した。
 生田長人・大学院法学研究科教授(土地法)は、03年の県北部連続地震から約1年後、現在の東松島市で住宅再建の費用について調査を実施。地震保険に加入していた人は、再建費用として平均3106万円を用意できたが、未加入者は同2360万円にとどまったと紹介。「費用を確保できなければ、最悪の場合は古里を離れることになる」と、災害復旧や復興に関する法整備の必要性を訴えた。
 県内では、30年以内に99%の確率で県沖地震が発生するとされる...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆保険関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆保険関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4635-ea5697d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。