“無法状態”JR新大阪駅の放置自転車を一掃へ

ここでは、「“無法状態”JR新大阪駅の放置自転車を一掃へ」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつもすぐに完売の時計!!!【イルム】1円スタートロベルタスカルパ/RobertaScarpa珍しい!フ...
 大阪の玄関口、JR新大阪駅(大阪市淀川区)の駅前広場で交通と景観上の問題になっている放置自転車について、大阪市は来月から一斉撤去に乗り出すことになった。約50年にわたり市とJR西日本が広場の土地を細切れに所有してきたため、これまで互いに有効な対策を取れない“無法状態”が続いていた。ようやく区分を整理した市とJR西は、放置禁止区域の指定などを通じ、1日1000台以上にのぼる放置自転車の一掃を図る。

 新大阪駅3階に通じる道路の高架下。歩道に所狭しと置かれた自転車は車道にはみ出し、他の自転車の上に積み重ねられることも。乗用車やバスから運転手が降りて片づける光景もみられる。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円


 通勤に使う自転車を置いた兵庫県尼崎市のパート女性(61)は「邪魔になるのは分かるけどみんな置いてるし、駐輪場が遠い」と話した。

 この高架下を含む駅前広場は面積約2万5000平方メートル。大阪市の調査では、調査日の放置自転車の数は一昨年1722台、昨年は1435台を数えた。放置自転車が増加を始めた時期は定かでないが、少なくとも平成3年には市とJR西がその対策を協議しており、長年にわたり懸案にはなっていた。

 解決を妨げてきた元凶は、広場の用地区分。新大阪駅は昭和39年の東海道新幹線開業に伴い、旧国鉄が買収した用地と市有地が複雑に入り組んだ土地に建設されたが、区分は整理されなかった。62年の旧国鉄分割・民営化や平成17年の福知山線脱線事故など、JR側の事情で交渉が中断したことも背景にあった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆車関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆車関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4644-dd549c49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。