外資ディーラーが利下げポジション選好、協調利下げに現実味の思惑も

ここでは、「外資ディーラーが利下げポジション選好、協調利下げに現実味の思惑も」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
傷、ホコリ、色かけなど、少々難ありのB品の半額処分市!!★メール便送料無料!★SAFE DRIVING...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080122-00000003-reu-bus_all
 山口 貴也記者
 [東京 22日 ロイター] 欧米を主体とする外資系金融機関のディーラーが、日銀の利下げに賭(か)けたポジションを構築している。サブプライムローン(信用力の低い借り手向け住宅融資)問題の深刻化による米景気減速をアジアや欧州などで補う「デカップリング論」が疑問視されており、主要国による協調利下げの可能性が材料として急速に浮上してきた。金利先安観に反転の兆しはなおみえない。
 短期金融市場では、ユーロ円3カ月金利先物が中心限月ベースで2006年6月以来ほぼ1年7カ月ぶりの高値に達したほか、オーバーナイト・インデックス・スワップ市場では、ことし8月会合までの利下げ確率が5割を超えた。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円

 一方、短期国債市場では3カ月物政府短期証券の気配仲値が0.55%、6カ月物は0.54%で取引され、2年ゾーン(264回債、0.515%)までの利回り曲線が緩やかながら逆イールド化している。
 アジアや欧州の主要株価指数が軒並み下落、日経平均株価が心理的な節目とみられた1万3000円を割り込んだのを受け、世界的な金融緩和局面入りがにわかに意識され始めている。
 みずほ証券・チーフマーケットエコノミストストの上野泰也氏は「世界的な信用不安と景気・企業業績下振れリスクから株価が軟調に推移し、下げ止まる水準が見えない。為替相場が一段の円高となり、介入が使えないとなれば各方面から日銀利下げへのプレッシャーが強まりやすい」と説明する...

ニュースの続きを読む




◆車関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆車関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4675-3214a2b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。