「名」よりも「実」 トヨタ、首位争いに興味なし

ここでは、「「名」よりも「実」 トヨタ、首位争いに興味なし」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソフトな本牛革キーケース★車の厚い鍵もしっかり収納!【送料無料】ギフトボックスに入れてお...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080124-00000957-san-bus_all
 トヨタ自動車と米ゼネラル・モーターズ(GM)が首位争いを演じた2007年の自動車世界販売台数。トヨタは王者GMに3000台差に詰め寄ったが、及ばなかった。その差は何が何でも世界一を守るというGMの「意地」と、無理せず確実に台数を積み上げるトヨタの「手堅さ」という企業文化にあった。

 「順位にこだわりはない」。渡辺捷昭社長は今回の結果に対し、こうコメントした。トヨタ社内に“天下獲り”を逸した悔しさはみじんもない。

 それどころか今業界の盟主になれば成長の妨げと考える首脳陣も多い。「世界一」の称号が社員の慢心や驕(おご)りを生むとの恐れや、日米貿易摩擦の再燃も頭をかすめたようだ。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円


 「台数や『世界一』の言葉だけが一人歩きしている」。あるトヨタ幹部はメディアが「世界一」の報道を繰り返すことにいらだつ。GMや独フォルクスワーゲンなど世界中のメーカーと協力関係を築いたトヨタは、世界一の「名」を取るより、業界秩序を乱して「実」を失う方を恐れる。

 だがGMは違った。「トヨタに負けたくない」「トップを維持するため戦う」。リチャード・ワゴナー会長はあえてトップに固執する発言を繰り返した。トヨタとの3000台の差に、1世紀にわたり自動車業界に君臨してきたデトロイトの意地がかいま見える。

 とはいえ、原油高や排ガス規制の厳格化からトヨタの得意な小型車や低燃費車は世界的に売れまくる。年50万台ずつ販売台数上積みしてきたトヨタの手堅さに変調はみられない...

ニュースの続きを読む




◆車関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆車関連の無料のレポート情報
世界各分野のトップ科学者・博士らの臨床データによる栄養療法

全世界で活躍する各分野でのトップクラスの科学者・博士らが、数々の症状に合わせ、世界中に及ぶ機関での研究と臨床データにより、その原因や効果的栄養素を紹介します。

この栄養素により世界中の人々の生命が救われています。

本来、私たちの…

被リンクが大増加するディレクトリ型検索エンジンリスト3000

ディレクトリ型の検索エンジンリストで、特に「相互リンク募集」にフォーカスして収集してあります。

■ブログやアフィリエイトサイトで【相互リンク先】を探す手間が省けます。

ページランク順に並べてありますので有効にお使い下さい。(上位…









Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4724-da9ce738
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。