<年金問題>特別便再送「記憶頼り」のまま 効果は疑問

ここでは、「<年金問題>特別便再送「記憶頼り」のまま 効果は疑問」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Apple iPod nanoF 1st用 2005.9~2006.9発売のnano専用ハードケース航空機用アルミ合金使用、...
 社会保険庁は25日、ねんきん特別便に抜け落ちている記録を思い出しやすくする手引を同封することを決めたが、効果は疑問視されている。抜け落ちている可能性のある記録の明示を見送り、本人の記憶に頼る方法に依存したためだ。記録照合に関する政府公約はすでに破綻(はたん)状態で、次期衆院選挙への影響を懸念する与党内からは、さらに持ち主特定が遅れるのでないかとの不安の声も出ている。

 社保庁は、記録が抜け落ちている可能性が高い人から順に特別便を送っている。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
しかし、これまで記録の訂正を求めてきたのは全体のわずか4%。民主党は「(漏れた記録を知らせない)申請主義が招いた失態」と手厳しく批判している。

 舛添要一厚生労働相は25日、漏れた記録の期間を助言するなどの対応策を公表したが、「高齢者に50年前を思い出してもらうのは難しい」(舛添氏)のも事実。効果が出なければ批判が強まるのは避けられない。この日の自民党年金行政改革議連では「内閣が一つ年金記録問題でつぶれてるんだぞ」など厚労省を突き上げる意見が相次いだ。【大場伸也】
(引用 yahooニュース)




◆保険関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆保険関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4762-338df694
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。