【萬物相】的外れのディーゼル車粉じん対策

ここでは、「【萬物相】的外れのディーゼル車粉じん対策」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BMW ミニ コネクト 高級シートカバー
 地球温暖化による危機論を叫んできた米スタンフォード大のスティーブン・シュナイダー教授に対し、ある記者が尋ねた。「石炭や石油のために地球の温度が上がるという確実な証拠はないのでは」という問い掛けに対し、教授は「どこかの森にオオカミがいるといううわさが立てば、森に入る人はオオカミ対策を取らなければならない」と答えたという。この話を聞いたカリフォルニア州立大バークレー校のアーロン・ウィルダフスキー教授は、「どの森にオオカミがいるのか確認してから対策を立てるべきであって、どこの森にもオオカミがいると仮定して備えろというのはあまりに非効率的だ」と感想を述べた。 環境問題への対応が難しいのは科学的な不確実性のためだ。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
環境部は2004年、ソウルの微細粉じん濃度を空気1立方メートル当たり61マイクログラムから14年には同40マイクログラムまで減らすとして、05年から4兆7000億ウォン(約5300億円)の予算を計上して対策に取り組んできた。対策費の大部分はディーゼル車1台当たり100万−800万ウォン(約11万3000−90万2000円)のばい煙処理装置を取り付けるのに使われた。首都圏の微細粉じんの66%はディーゼル車から出るというのがその理由だった。 しかし、監査院は首都圏の微細粉じんの発生源のうちディーゼル車が占める比率は9.7%にしかならないとして、対策事業に携わった公務員8人に対し懲戒を求める監査結果を明らかにした。微細粉じんの大部分は自動車が道路を走行する際、道路に積もった粉じんが飛び散ることで生じる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆中古車関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆中古車関連の無料のレポート情報
世界各分野のトップ科学者・博士らの臨床データによる栄養療法

全世界で活躍する各分野でのトップクラスの科学者・博士らが、数々の症状に合わせ、世界中に及ぶ機関での研究と臨床データにより、その原因や効果的栄養素を紹介します。

この栄養素により世界中の人々の生命が救われています。

本来、私たちの…

被リンクが大増加するディレクトリ型検索エンジンリスト3000

ディレクトリ型の検索エンジンリストで、特に「相互リンク募集」にフォーカスして収集してあります。

■ブログやアフィリエイトサイトで【相互リンク先】を探す手間が省けます。

ページランク順に並べてありますので有効にお使い下さい。(上位…









Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4766-f6cb530a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。