ロッテルダム映画祭開幕!日本からは小林政広監督が参加

ここでは、「ロッテルダム映画祭開幕!日本からは小林政広監督が参加」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Forger: An Extraordinary Story of Survival in Wartime Berlin
 オランダで開催されている第37回ロッテルダム国際映画祭が現地時間23日(日本時間24日)、第80回アカデミー賞などで台風の目となっているジェイソン・ライトマン監督の映画『JUNO/ジュノ』で幕を開けた。 同映画祭は昨年、廣末哲万監督映画『14歳』が最優秀アジア映画賞(NETPAC賞)を受賞したように、世界各国の精鋭監督をいち早く紹介する映画祭として知られているが、今年はメイン・コンペティション部門のタイガーアワードに、日本からは写真家・若木信吾氏の初監督作映画『星影のワルツ』が選出された。そして特集上映の一つとして、映画『愛の予感』が2007年ロカルノ国際映画祭でグランプリを受賞した小林政広監督作品7本が上映された。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
 24日は早速、小林監督のデビュー映画『CLOSING time クロージング・タイム』(1997)、『海賊版=BOOTLEG FILM』(1999)、『愛の予感』(2007)が上映され、いずれも劇場は満席となった。舞台あいさつに立った小林監督は「初めて参加する映画祭なのに、いきなり特集上映を組んでいただいて光栄です」と恐縮しきり。上映後のティーチイン(質疑応答)では観客から熱心な質問が次々と飛び出し、観客も負けじと撮影秘話を披露した。 『CLOSING time クロージング・タイム』の際、小林監督は「ボクの初長編監督作。予算もなくスタッフはピンク映画時代から付き合っていた人に助けてもらい、役者さんには皆、出演料一律、1日1人5000円で出てもらいました」と映画界では神秘のベールに包まれているギャラを暴露...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆time関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆time関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4771-d01c0e62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。