12月の米検索市場、Googleがシェア微減も首位

ここでは、「12月の米検索市場、Googleがシェア微減も首位」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MARC by MARC JACOBS/マークジェイコブス『BLONDIEコットントート』(ピンク)
 調査会社の米comScoreは1月23日、12月の米検索市場に関する調査結果を発表した。

 主要検索エンジン5社のランキングでは、引き続きGoogleが首位。シェアは前月から0.2ポイント下げて58.4%だった。一方、2位のYahoo!のシェアは22.9%で、前月を0.5ポイント上回っている。3位のMicrosoftのシェアは前月と同じ9.8%。11月調査で5位だったTime Warner Networkが、12月調査ではAsk Networkを抜いて4位となっている。検索クエリー件数の合計は96億件で、前月比3.9%減。12月は、旅行などで家や職場を離れる人が多いためだとみられる。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円


 上位10企業グループの検索クエリー件数では、GoogleサイトとYouTubeなどを合わせたGoogleが引き続き首位。ほとんどの企業グループのクエリー件数が前月比で減少しているが、年末商戦の影響か、eBayやAmazon.comでのクエリー件数は増加している。
【表:12月の米検索市場ランキング】
12月の米検索エンジンランキング、Googleがシェア56.3%を獲得
10月の米検索市場、Googleが58.5%にシェアを拡大
【検索】に関連する最新記事はこちら
【Google】に関連する最新記事はこちら
【Yahoo!】に関連する最新記事はこちら
【Microsoft(マイクロソフト)】に関連する最新記事はこちら
【ランキング】に関連する最新記事はこちら
【AOL】に関連する最新記事はこちら
【Ask.com】に関連する最新記事はこちら

(引用 livedoorニュース)




◆time関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆time関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4772-1b4c00fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。