CTCSP、データレプリケーションソフトウェア「Double-Take」のLinux版を発売

ここでは、「CTCSP、データレプリケーションソフトウェア「Double-Take」のLinux版を発売」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いざ、必要という時にまとめて管理!保険証ケース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080126-00000013-zdn_tt-sci
 シーティーシー・エスピー(CTCSP)は1月25日、「Double-Take for Linux」の販売を開始した。「Double-Take」は米Double-Take Softwareが開発したアプリケーション用データレプリケーションソフトウェア。今回発売した製品はそのLinux対応版で、Red Hat Enterprise Linux 4 Update 3~Update 6をサポートしている。

 複製元(ソースサーバ)のデータを複製先(ターゲットサーバ)に転送する際、ファイルブロックレベルの更新データのみを転送する(非同期式)という特許技術により、高速なデータ転送を可能にしている。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
また、データベースなどのトランザクションベースのアプリケーションデータをレプリケーションする場合は「書き込み順序保持機能」によって、ソースサーバで発生したトランザクションの発生順序を保ちながらターゲットサーバに転送し、書き込むことができるという。

  東京大学 生研の回答「必要なのは保険としてのディザスタリカバリ」

  経験者が語るディザスタリカバリ計画のノウハウ

  リカバリ対策のコスト問題を回避する決め手は“ソフトウェア”



◆保険関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆保険関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4782-bef11430
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。