[あいおい損保]サブプライム損失500億円に倍増

ここでは、「[あいおい損保]サブプライム損失500億円に倍増」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【完全組立済】ミヤタ カルラクアシスト ステンレスキャリアバージョン 22インチモデル【足...
 あいおい損害保険は29日、昨年9月末時点で252億円と見込んでいた米低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)関連の損失が、約2倍の500億円超に膨らむ見通しを明らかにした。昨年10月以降もサブプライム関連の証券化商品の価格下落が続いているためで、2月下旬に公表する07年度第3四半期(10~12月)決算で保有するサブプライム関連証券などの評価損を積み増す方針だ。 あいおいは損保業界4位で、07年3月期連結決算の経常利益は約272億円、最終(当期)利益は約161億円だった。サブプライム関連の評価損はこれらを大幅に上回る見通しで、経営への影響も避けられないとみられる。 あいおいのサブプライム関連の投資残高は昨年9月末時点で1154億円。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
同9月中間決算では、市場価格を参考に全体の4分の1の252億円を評価損として計上した。しかし、その後もサブプライム関連商品は相次いで格下げされ価格が一段と下落、評価損を大幅に積み増さなければならなくなった。 サブプライム問題では昨年秋以降、損保業界2位の損害保険ジャパンが、サブプライム証券などの元利払いを保証する金融保証保険事業で約340億円の損失処理を行うと発表。また、三菱UFJフィナンシャル・グループも、昨年10月時点では約270億円だったサブプライム関連損失が同12月末では500億~600億円規模に拡大する見通しになっている。 日本の金融機関は当初、欧米金融機関に比べて「サブプライムショックの影響は極めて軽微」とされてきたが、金融市場の混乱が長期化していることから、今後も追加損失が広がる可能性が高い...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆保険関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆保険関連の無料のレポート情報
中古車を最もお得に買う方法と誰も語らない中古車業界の裏側

あなたは中古車業界の裏側を知っていますか?
払わなくてもいいお金を払っていませんか?
このレポートでは、中古車を最もお得に、安全に買う方法と
誰も語らない中古車業界の裏側を暴露しています。
事故歴・修復歴の簡単な見分け方も紹介してい…

大暴露 中古車を 格安で手に入れる方法

中古車を 格安で手に入れる方法を紹介してます。
お買い替えを検討中の方必見のレポートです。中には市価の30万円引きの・・・中古車も多数あります。
ほとんどのユーザーが知らない情報です。
しかも 見積もり無料 購入前に読んでください。










Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4822-ccc49eb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。