バルセロナテスト2日目、トーロ・ロッソがワン・ツー!

ここでは、「バルセロナテスト2日目、トーロ・ロッソがワン・ツー!」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベンツ W210 Eクラス 並行車 メッキトランクリッドモール
 スペイン・バルセロナのサーキット・ド・カタロニア(1周4.655km)で行なわれているF1合同テストは、現地時間(以下、現地時間)2日、2日目を迎え、フェラーリ、トヨタ、SUPER AGURIを除く8チーム14ドライバーが参加した。トーロ・ロッソのセバスチャン・ベッテルとセバスチャン・ブルデーがワン・ツーのタイムを叩き出している。

 この日の天候は曇りで、気温7~12℃、路面温度7~14℃、午前中のセッション終盤にわずかに雨が降ることもあったが、ドライコンディションのままテストは行なわれた。サーキットには、地元スペイン出身のルノーのフェルナンド・アロンソ目当てに、2万6,000人(サーキット発表)もの観衆が訪れている。

 非公式ながら、トーロ・ロッソのS.ベッテルが1’21.679、チームメイトの新人S.ブルデーが1’21.782のタイムをマークし、上位を独占した。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
昨年型マシンの暫定仕様でテストを行なっているトーロ・ロッソは、この日予選シミュレーションを実施し、両ドライバーとも少ない燃料搭載量でベストタイムを出している。

 3、4番手はマクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンとヘイッキ・コバライネン。L.ハミルトンは午後のセッションでトランスミッションにトラブルが発生し、早めにテストを終了している。

 ルノーのF.アロンソはチームメイトのネルソン・ピケJr.とともにこの日最多の115周を走行し、6番手、7番手に並んでいる。新しい空力パーツのテストも行なったF.アロンソは、プレスリリースを通じて「今日のコースコンディションはあまりよくなかったが、トラブルなく多くのラップを走れた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆車関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆車関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4830-8c884784
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。