車の個人リース急速拡大 住友商事グループが本腰

ここでは、「車の個人リース急速拡大 住友商事グループが本腰」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
広くて、運転しやすくて、スタイル抜群??そんなクルマあるわけない・・・ あるんですッしか...
   住友商事が東京日産自動車の販売ノウハウを活用し、個人向けオートリース(個人リース)事業の展開に本腰を入れ始めた。国内新車市場の販売環境は厳しいものの、オートリース(以下リース)販売は今後も伸び、とくに個人リース販売は2~3年後には急激に拡大すると睨む。その要因は新車市場における「残価」概念の浸透。リース子会社の住友三井オートサービスを軸に個人リースの販売戦略を練り、まずはマツダ系ディーラーなどに、東京日産自動車が確立した個人リースの販売ノウハウを提供する計画。さらに中小規模のリース会社の買収も含め、住友商事グループで個人リース販売のトップシェアを獲得する構想だ。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
ユーザーに車が買いやすいと感じてもらえる工夫が大事   国内新車市場の縮小により、車の国内保有台数は今後減少していくと予測されている。その中で増えてきているのがリース保有台数だ。住友商事の推計では、国内保有台数7700万台のうちリース保有台数は3.9%にあたる302万台を占める。また国内保有台数のうち法人車は2400万台、個人車は5300万台あり、リース保有台数は法人車の12.1%にあたる290万3000台、個人車の0.2%にあたる11万7000台が存在する。   法人のリース車導入は、経費削減や車両管理などの点から増加し続けている。個人にしても新車を所有ではなくリースの形態で使用するユーザーは台数の規模こそ少ないが増えている...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆中古車関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆中古車関連の無料のレポート情報
コストゼロでできる社会保険労務士が教えるサービス残業解消対策

「ちゃんと必要な残業代を支払っているつもり」でも
「こういう場合は残業手当を支払う必要はないから自信を持って残業手当は支払っていない」
としても、労働基準法を知らないがために、内部告発を受けたとして労働基準監督署の調査を受けた場合、


合法的に社会保険料を安くする方法

「社会保険料の負担を少しでも軽くしたいが、
しかしどうしたら良いかわからない・・・・」

こんな悩みを抱えた経営者の方が多くいらっしゃると

思われます。

打つべき対策をとらずに、その時、その時に

請求される社会保険…









Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4831-d3301201
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。