「年金未納扱いは不当」と大阪の弁護士が国を提訴 大阪地裁

ここでは、「「年金未納扱いは不当」と大阪の弁護士が国を提訴 大阪地裁」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
〔2003〕シャトー・ボーモンCh.Beaumontフランス・ボルドー/赤・750ml
 国民年金保険料を納めていたのに11年間分を未納扱いにされたのは不当として、大阪弁護士会所属の谷沢忠彦弁護士(66)が国を相手取り、未納確認処分の取り消しを求める訴えを大阪地裁に起こした。谷沢弁護士は「社会保険庁のずさんな手続きで未納になったのに、証拠がないから認められないのは納得がいかない」と話している。

 訴状によると、谷沢弁護士は昭和39年3月に大学を卒業した際、国民年金に加入。昭和50年3月まで母親が代わりに保険料を納めていたが、弁護士を開業した同年4月からは谷沢弁護士自身が納付していた。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円


 しかし、その後奈良市に転居したため、平成18年4月に奈良社会保険事務所で確認したところ、昭和50年3月以前の11年間分が未納扱いになっていたことが判明。国の年金記録確認第三者委員会に審査を申し立てたが、領収書など証拠になるものがないなどの理由で認められなかった。

 提訴は先月28日付。未納扱いは全国で相次いでおり、谷沢弁護士は衆議院厚生労働委員会で参考人として年金問題について意見を述べたことがある。

【関連記事】
・ 「年金、私の記録は?」特集
・ 予算案審議、7日にずれ込む公算 国会正常化早くもほころび
・ りそな新型保険 運用当初に手厚い配当
・ 民主、年度末決戦へ 法案修正でハードル次々
・ 年金記録 派遣労働の中国人が漢字読み違え転記ミス
(引用 yahooニュース)




◆保険関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆保険関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4836-671e62d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。