<J1>鹿島に異色の新戦力 笠井健太、海外経験生かせるか

ここでは、「<J1>鹿島に異色の新戦力 笠井健太、海外経験生かせるか」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Health Care and Poor Relief in Counter-Reformation Europe
 昨季、J1リーグ戦と天皇杯を制した鹿島に異色の経歴を持つ新戦力が加わった。日本では無名だったが、海外で経験を積みブラジルでプロとなったDF笠井健太(22)だ。リーグ屈指の強豪に入り、「数多く試合に出て戦力になりたい」と意気込んでいる。

 静岡県菊川市出身の笠井は、自動車会社勤務の父親の転勤で、小学2年から中学2年までカナダで過ごした。菊川東中3年の夏に1カ月間、ブラジルの名門サントスFCに短期留学。静岡県立袋井高サッカー部でJ1磐田のボールボーイを経験し、その時に見た鹿島の強さが印象に残ったという。

 だが、当時はブラジル留学などで強い刺激を受け、「日本でのプレーは考えなかった」。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
高校2年の途中で中退し、単身海外に渡り、米国のクラブとサントスの下部組織でプレーした。05年3月、元日本代表FW呂比須ワグナーがアシスタントコーチを務めるブラジルのパウリスタFCで念願のプロ契約を果たした。

 06年12月末に右足を骨折し、07年5月にも同じ部位を骨折するなど故障が続いた。本来はDFだが、複数のポジションをこなせる柔軟さと、運動量やスピードを武器に出場機会を増やした。実績が日本にも伝わり、07年12月の契約満了とともに鹿島が獲得した。

 昨年末、鹿島の練習に参加し「こちらはパスとプレスが速い」と戸惑ったという。鹿島にはブラジル人のオリベイラ監督やブラジル出身選手が多く、日本語と英語に加えてポルトガル語を流ちょうに話す...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆車関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆車関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4853-dbe0f97e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。