[消えた年金記録]未納処分取り消し求め提訴 奈良の弁護士

ここでは、「[消えた年金記録]未納処分取り消し求め提訴 奈良の弁護士」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パーツ4点付き【ポケバイ四輪バギー】新品49cc青●3サス 2006 定価5750円分のパーツ4点を無料...
 年金保険料を払っていたのに11年間未納とされたとして、大阪弁護士会所属の谷沢(たにざわ)忠彦弁護士(66)=奈良市=が国に対し、未納処分の取り消しを求める訴訟を大阪地裁に起こしたことが1日分かった。社会保険庁によると、「消えた年金記録」を巡る提訴は全国でも例がないという。 提訴したのは先月28日。訴状などによると、谷沢弁護士は22歳だった1964年3月、国民年金に加入。75年3月まで母が毎年1回保険料を納付し、同年4月以降は谷沢弁護士自身が納めた。 しかし、06年4月に奈良社会保険事務所で年金記録を確認したところ、64年3月~75年3月分の11年間の記録がなかった。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
同事務所は「領収書があれば訂正できる」と説明したが、領収書は見つからなかった。審査請求も「証拠がない」という理由で棄却された。 谷沢弁護士は昨年5月に衆院厚生労働委員会に参考人として出席し、「消えた年金」問題で社会保険庁を厳しく批判。「社保庁の対応のおかしさを裁判で明らかにしたい」と話している。 社保庁年金保険課は「訴状が届いてないのでコメントができない」としている。 年金を巡っては、約5000万件の納付記録の該当者が分からなくなっている問題が表面化。主な原因は79年開始の業務オンライン化や97年の基礎年金番号導入時の記録管理不備とみられる。支払い済みの保険料の記録がないため、本来の年金額をもらえない人が出る恐れが指摘されている...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆保険関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆保険関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4898-f9dd1422
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。