被害16件1120万円 還付金詐欺、近畿で相次ぐ

ここでは、「被害16件1120万円 還付金詐欺、近畿で相次ぐ」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【即納】【ロール紙5本&電池付き!】カシオ(CASIO) 電子レジスター TE-M80-OE(オレンジ)【送料...
 市役所職員を名乗り、医療費の特別控除などの名目で現金をだまし取る「還付金詐欺」が先月半ばから兵庫県の伊丹、宝塚、尼崎の各市で相次いでいる。これまでに警察署に出された被害届は計16件(4日現在)で、昨年1年間の県内全体の被害件数に迫る勢いだ。社会保険事務所のフリーダイヤルと偽って被害者を信じ込ませるほか、ATM(現金自動預払機)の利用明細書を捨てさせて犯行発覚を防ぐなど手口は巧妙化している。

 伊丹、宝塚、尼崎東、尼崎北の各署によると、先月16日から今月1日の間、31~77歳の男女16人が被害に遭い、計約1120万円をだまし取られた。平成19年の県内の刑法犯統計によると、昨年の還付金詐欺は17件で、被害総額は計約1700万円。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
昨年を大幅に上回るペースで増えている。

 犯行にはそれぞれ異なった架空名義の口座とフリーダイヤル番号を使用し、1回あたりの振込額は最大約99万円。銀行が設定する利用限度額を超えない金額を指示しているとみられ、ATMで振り込みの有無が確認できない土日の被害届はないという。

 手口は巧妙さを増しており、伊丹署は「あらかじめATMの場所を調べて誘導するなど犯行は計画的。複数人が役割分担して犯行に及んでいる」と指摘。被害者は口座に現金が振り込まれると信じて操作しているが、みなと銀行(本店・神戸市)の広報担当者は「自分で現金を振り込まない限り、端末操作だけで預金残高が増えることは絶対にない」としている...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆保険関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆保険関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4912-66b7f369
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。