DJ-【外国為替市場概況】ドル上昇、ECBの政策現状維持を嫌気

ここでは、「DJ-【外国為替市場概況】ドル上昇、ECBの政策現状維持を嫌気」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポケバイ☆ATV四輪バギー・モデル☆TYPE1黒♪ 49cc PL保険対応 新品
ニューヨーク(ダウ・ジョーンズ)7日の外国為替市場では、ドルは主要通貨に対して2週間ぶりの高値をつけた。欧州中央銀行(ECB)は定例理事会で予想通り政策の現状維持を決め、トリシェECB総裁は政策行動をとらないことをあらためて確認すると同時に、世界経済についての市場の見通しが変化したことを認めた。また、ユーロ圏経済に下ぶれ懸念があることも認めた。これに対し、米連邦準備制度理事会(FRB)がすでに景気の先行きに慎重に対応し、金融緩和に踏み切っていることを投資家は好感し、ドルが買われた。

ユーロは、日中高値の1.4653ドルから1月22日以来の安値1.4440ドルまで下落した。英ポンドも、日中高値の1.9622ドルから12営業日ぶりの安値1.9390ドルまで大幅に売り込まれた。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円


「欧州諸国の中央銀行が後手に回っており、さらに積極的な金融緩和を渋る姿勢は、欧州経済にとって害になりこそすれ良いことはないと考える投資家が増えている」とバークレイズ・キャピタルの為替アナリストは指摘した。

米国株式市場は、新たに期待はずれな住宅指標が発表されたことを受け、不安定な値動きとなった。円相場は、いつものように米国の株価動向と逆連動する展開だった。取引終了にかけてダウ工業株30種平均が前日終値を上回る水準を回復すると、ユーロはドルに対して日中安値をつけ、ドルは円に対して9営業日ぶりの高値107円83銭をつけた。

ECB理事会が政策金利を4.0%に据え置いた後の記者会見でトリシェ総裁は、ユーロ圏経済が冷え込む兆しがみられるなか、金融政策の姿勢を変更する可能性を示唆した...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆保険関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆保険関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/4941-5a3ac2a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。