ソフトバンクモバイル、「時間・空間電波伝搬推定法」の国際標準化について

ここでは、「ソフトバンクモバイル、「時間・空間電波伝搬推定法」の国際標準化について」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記念日のプレゼントに!TIFFANY&Co ティファニー 1837 エレメント ネックレス ペンダント 1...
Tokyo, Feb 1, 2008 - (JCN Newswire) - ソフトバンクテレコム株式会社とソフトバンクモバイル株式会社は、次世代移動通信方式対応である「時間・空間電波伝搬推定法」の開発に成功し、この度、ITU-Rで標準化*1され、ITU-R勧告「P.1816」*2として発行されましたのでお知らせいたします。「時間・空間電波伝搬推定法」(以下、「推定法」)とは、無線通信における電波伝搬の基本特性である電波の到来角度(一般に「空間特性」と呼ばれています)と、電波の到来遅延時間(一般に「時間特性」と呼ばれています)を推定する方法です。通信事業者が移動通信サービスを効率良く提供するためには、都市構造が異なる様々な環境(市街地、郊外地)下において、電波の「空間特性」と「時間特性」を把握することが非常に重要ですが、今回勧告化された「推定法」は、様々な環境においてより精度の高い電波伝搬特性(空間・時間特性)を推定することができるものです。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
将来的には、この「推定法」に準拠した次世代移動通信対応電波伝搬推定システムおよびセル設計システムが実用化されることで、多くの通信事業者は、より効率的な移動通信ネットワークシステムの構築が可能となるため、本「推定法」は、今後の通信業界の発展に大いに貢献できるものとなります。なお、本件の一部は総務省「2003年度戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)」の助成により実施いたしました。また、ITU-Rにおける標準化活動は、総務省情報通信審議会ITU-R部会電波伝搬委員会のもとで行いました...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆time関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆time関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/5004-7f509e00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。