理研など、次世代合成ゴムタイヤ向け新錯体触媒を開発

ここでは、「理研など、次世代合成ゴムタイヤ向け新錯体触媒を開発」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンヨウ エナクルニッケル水素バッテリー CY-N30
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080211-00000023-nkn-ind
 理化学研究所はブリヂストン、JSRと共同で、次世代合成ゴムを使ったタイヤ製造の実用化につながる新たな錯体触媒を開発した。シス構造の純度を99%まで高めたポリブタジエン(BR)ゴムの工業生産が可能になるという。耐久性が大幅に向上することから、タイヤの軽量化と車両の低燃費化が実現するという。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
今後は新触媒を使って生産したタイヤの実証テストを実施する。

 BRは高性能タイヤの原料となる合成ゴムとして期待されていたが、合成によって形成されるシス構造の純度が92―97%にとどまり、実用化に至っていなかった。実験室レベルでは純度99%を超える超高シスBRを作れることがわかっていたが、合成に利用するガドリニウムメタロセン錯体触媒が低温環境でしか利用できないといった制約があった。




(株)ブリヂストン - Yahoo!企業情報 - Yahoo!ファイナンス
JSR(株) - Yahoo!企業情報 - Yahoo!ファイナンス




◆車関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆車関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/5005-21d1729f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。