WSJ-信用収縮の影響、住宅ローン保証業界にも波及

ここでは、「WSJ-信用収縮の影響、住宅ローン保証業界にも波及」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
H15・ミラアヴィ X 3,000km【全車修復歴なし 保証&AIS品質表示付】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080215-00000025-dwj-biz
ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)金融セクターでの損失拡大や格下げの脅威は、保険業界のなかでも分かりにくい分野である住宅ローン保証業界を襲っている。

住宅ローン保証会社が住宅投資ブームの間に販売した住宅ローン保証契約の保険金請求が増えており、各社に痛手が広がっている。この業界で米最大手のMGICインベストメント(NYSE:MTG)は13日、10-12月期決算が14億7000万ドルの赤字に転落したと発表した。同社よりかなり規模の小さいトライアド・ギャランティー(Nasdaq:TGIC)も同日、同四半期決算が7500万ドルの赤字に転落したと発表した。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
これら各社の株価は過去1年で約90%下落している。

ただ、住宅ローン保証各社は経営破たんの危機にひんしているわけではなく、各社の事業が金融システムの広範な問題を引き起こしているわけでもない。高格付けの維持や引受基準の強化に助けられており、さらに14日には米連邦住宅金融抵当金庫(フレディマック)(NYSE:FRE)が住宅ローン保証会社関連の規則変更を発表したことで資本の再構築が期待できる。

諸問題によって、住宅ローン保証会社は厳格な引受基準の採用を迫られている。MGICの場合、アリゾナ、フロリダ、カリフォルニア、ネバダの4州とその他の主要大都市圏では頭金を5%以上支払わない借り手の保証はしないこととした。フロリダ州とカリフォルニア州ではすでにこの変更を実施しており、ほかの地域でも3月から実施する...

ニュースの続きを読む




◆保険関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆保険関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/5105-3a6c223d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。