宮古地区、バリアフリー推進を 公共交通の在り方提言

ここでは、「宮古地区、バリアフリー推進を 公共交通の在り方提言」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ムーブ・ラテ L550S/L560S】【サイドバイザー+フロアマット】お得セット
 【宮古島】バスやタクシーなど公共交通機関の利便性の増進を目的にした2007年度宮古地区交通アドバイザー会議(沖縄総合事務局主催)が14日、宮古島市平良の平良地方合同庁舎で開かれた。利用者の中から委嘱された交通アドバイザーらが、低床バスの導入などバリアフリーの推進や運行時間の厳守、観光と連動した公共交通などについて提言した。
 交通アドバイザー制度は、公共交通機関の利用者の質問や意見を今後の施策に反映させようと1992年度に創設。
>>ネットワークビジネス←初心者でも20万が簡単に1億円
沖縄本島、八重山、宮古の各地区を持ち回りで開催している。
 会議では交通アドバイザーに委嘱された識者や身体障害者、経済・観光関係者ら八人がそれぞれの立場から課題や要望などを述べた。これにバスやタクシー協会、行政機関などの関係者が答えた。
 身体障害者への対応では「手すりなど視覚障害者への対応をしてほしい」などの声が上がった。
 低床バスの導入では沖縄総合事務局の担当者らから「都市部のバス会社は新車を購入するが、中古車を購入する地方では普及が難しい」と課題も指摘された。
 また「厳しい運営のタクシー業界で、『歴史案内』『農業視察』など観光客へのサービスの資格制度を設けてはどうか」などの提言があった。
(引用 yahooニュース)




◆中古車関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆中古車関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません







Google









WWW を検索
YOURSITE.CO.JP を検索











Yahoo! JAPAN









スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://mango666.blog67.fc2.com/tb.php/5121-18e1623b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。